どれみふぁ/○○/からの詩

アクセスカウンタ

zoom RSS 三月の絵

<<   作成日時 : 2014/03/22 11:06   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 12

画像



                           森の目覚め








画像



                           あわい








画像



                          うつむいて







画像



                             ちいさな 海










画像



                            
                              うたう 風景








画像



                               はるの案山子

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
森の目覚め、建物の湖への映り込み、実に巧みですね。写真でもよく狙いますが、足元にも及びません。
茜雲
2014/03/22 17:19
茜雲さん

そうなんです。
湖のへ映り込みを描きたいと思ったのです。
そのうち魔女が棲んでそうな森に力が入りましたが。
何か、いませんか?
七海
2014/03/23 10:31
ご無沙汰しております。年末には母のことを書いていただき、ありがとうございました。
お手紙をいただき感動いたしました。ブログの件を知り、早くお礼を・・・と思っておりましたのに、こんなに遅くなってしまい申し訳ありません。(ここへコメントさせていただいて大丈夫かしら?・・・と思いながら)
私の知らない母を垣間見ることが出来て本当にうれしく思いました。もし、また何か思い出話がありましたら教えていただけるとうれしいです。
このような素敵な絵を描かれ、ブログをされてことにもとても感動しました。母が元気でいて、一緒に拝見させていただけるような機会があったらどんなに楽しかったことかと。
これからも楽しみにしています!
rie
2014/04/08 12:33
わっ! rieさん?!

びっくりしました。
私のブログ、知人にはほとんど知らせてないのですよ。
ときたま題材にしながらも、ご無礼致しておるのです。
だからコメントも大丈夫(かな?)。
書き込んでくれたこと、とてもうれしく思いました。

実は、私の方こそ匿名の形をとらないで書いたので、
あとから気になってました。
お母上のこと、三田さん、角秋さん・・・
わたしには匿名で書けないのです。
なんだか上っ面になりそうな気がして。
あの頃の自分を愛おしく想うからでしょうか。

そういえば、ふたりともブログの存在すら知らないなあ〜。
怒られるかもしれない(笑)。

静かなブログです。
最近は、書きたい気持ちが湧いたときに書いてます。
お母上のことは、また書きそうな気がしています。
大目にみてやってくださいませ。

ガハハハ・・・・とびっきりの笑い声でしたね。
今でも、萎れるたびにカツを入れてくれてますよ。

10代だったrieさん、どんな女性になったのかしら?
急に身近に感じてます。

ありがとう〜。


七海
2014/04/08 20:56
こども、ねこ、案山子。。。
みな空の方を見上げてますね。
しゅわしゅわー、かしら。
とうい
2014/04/13 22:41
あっという間に4月も半ばです。
早い早い。

何度も見に来ては森の中の家で一休みして、黙って帰ってました。
自分が気忙しくて、気の利いたこと書けそうもなくて。
いつも気なんて利いてないって?
失礼しやした。
峰猫
URL
2014/04/14 21:48
とういさん

きょう、二度も転びそうになりました。
空を見上げてばかりいるせいかしら。
しゅわしゅわしゅわ〜〜〜〜

一瞬でしたけど、行き先の札が見えたような。
ヒミツにしとこ。
七海
2014/04/14 23:42
峰猫さん

ほんと早すぎます。
私の年齢が間に合ってくれません
ところでさ〜。
森の家の中に入って、桜餅を食べたのだあ〜れ?
かなりの数が減ってるのよ。

ベランダから見える桜並木は、すっかり葉桜になってました。

七海
2014/04/14 23:49
女の子とネコの絵に
なぜだか心を掴まれました。
何度か見に来ています。
いろんなことを想像しています。
ネコと女の子、ふだんどんな風に遊んでるのかしら、とか。
ほかにもいろいろ。
ヒミツですけど。
とうい
2014/04/16 00:20
とういさん

わたしもすき!
大切なカードを中にさりげなく紛れ込ませた心境でした。
猫の顔つきが、ふたりのあれこれを想像させませんか。

「この子、おばちゃんちで飼ってちょうだい」
「この子が、何をしたっていうの?」
「犯人は、この子なの!」

どれがいい?
七海
2014/04/16 19:34
わたしは思うに、
このネコは女の子の家で飼われているわけではなくて、
なのに、なぜだか居ついてしまって、いつもこの女の子に纏わりついている、
と想像します。

「ほらほら、早く自分のお家に帰りな」

って抱きかかえつつも、帰すのが惜しくて遊んでいるような。
だって、抱かれるネコも抱いている子も
信頼感が伝わってくるんですもの。
とうい
2014/04/19 00:57
うふふ・・・の・・・ふ
>信頼感
いいですね〜。

ガシッと無遠慮につかんだ女の子の手
爪の先だけに力の入ったねこのからだ

べったり感がないとこがいいなあ〜と、
他人事のように思ってました
七海
2014/04/20 07:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
三月の絵 どれみふぁ/○○/からの詩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる