どれみふぁ/○○/からの詩

アクセスカウンタ

zoom RSS 四月の絵

<<   作成日時 : 2014/04/26 00:21   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

画像


                              桜 のぼる









画像


                      朱のパステルの粉をぶちまける直前の絵










画像


                                春おぼろ










画像


                             気になる樹のシリーズ



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
目からウロコです。
桜は散るのではなく、昇る、のですね。
そうだ、確かに、昇ってゆく花びらがありますもの。
ところで、
七海さんがお描きになる人物や動物は
その目線ひとつで、心情とか会話とか、
想像が奥行きを持って膨らみます。
とうい
2014/04/26 23:48
とういさん

「天まで のぼろ」
こう思いながら、
粉にしたパステルを掌でまぶしてました。
桜のはなびらをすくっている気分でした。

>目線ひとつ
最高にうれしいお言葉です。
七海
2014/04/27 09:56
ご無沙汰です。
刺激を受けに
訪問しました。
桂川の乙女
2014/04/28 19:59
うさぎがいい。
あのウサギが好き♡
窓枠に手をかけて、思案顔♡♡
Can
2014/04/28 21:20
桂川の乙女さん

冬眠からお目覚めですか?
周りは花盛りでしょう。
またぼちぼち覚書をしたためてくださいな。
七海
2014/04/29 09:40
Canさん

>思案顔・・・
なるほど! なんか春に似合ってます。
ボールペンでひと息に描く線は、
私の予想を外すので面白いです。
七海
2014/04/29 09:44
パステルの粉をぶちまける直前とその後の絵、見比べるとこんな風になるのですか。ぶちまける、ではあっても、金粉をそっとふりかけるようにやさしくやさしく置くように、こんな感じでしょうか。
“桜 のぼる”、自分の想いを絵にするとこういう表現も出てくるのですね。この前花筏を撮りに行って、うず潮のようにグルグル回っている様子を低速で撮ってみました。その動きを表現しようとしたのですが、タイトルは出てきませんでした。“桜の渦潮”では話になりませんね。
茜雲
2014/04/29 15:31
茜雲さん

いえいえ、パステルを鉛筆削りで削ってバサバサバサ〜〜〜ッ。
ほんとにぶちまきました。
それから、掌で抑え込んで払って・・・またパステルをさらさら。
面白かったですよ。
花筏の写真は何度も拝見しました。
桜が水面をのぞき込み、絵か文字を書き込んでいる
<はなびらの絵筆>のような感じがしました。
七海
2014/04/29 16:10
初めておじゃましました。
素敵な世界を味わわせていただき、ありがとうございます。
あちこち、クリックしてみましたが、絵にも、文章にもうっとり。
otome
2014/05/18 23:57
otomeさん

コメントいただき、ありがとうございます。
私の方こそ、otomeさんの詩にときめきました。
久しぶりの<であい>に嬉しがってます。
七海
2014/05/19 20:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
四月の絵 どれみふぁ/○○/からの詩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる