どれみふぁ/○○/からの詩

アクセスカウンタ

zoom RSS ミュージカル「MOMО」と箆津弘順

<<   作成日時 : 2014/05/04 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

   窓は自ら開けられるが

       幕は自分では降ろせない





フラメンコ・ダンサー箆津さんのミュージカル挑戦を知って、

改めて感服している。

そして思う。

自己完結というものは、単なる甘えではないか、と。



5月15日〜18日、吉祥寺シアターでミュージカル「MОMО」公演が始まる。

演出・舞台とすべてが注目のミュージカルのようだが、

なんと、箆津さんが、オーディションに挑んで<時間泥棒>の役を射止められた。

劇団四季の若手俳優たちに交じって、50歳の初挑戦である。

飽くなき表現者の渇望ゆえなのか。


フラメンコの枠を超え、絶えず未知の分野へ挑んでおられる。



ただいま、本番前の猛稽古中!

踊りは得意分野だが、歌やセリフには苦労されているようすだ。

が、そこを面白がるのが箆津流で、

新しい発見と気づきが、目の前の景色を変えていく。

レッスンは発見・・・・箆津さんの口癖なのだ。



ときに探りの甘い出演者を目のあたりに、

フラメンコって実にいいなあ

と確信もする。


フラメンコには否応なしに<自分>がでる。

見せたくなくても見破られる

偽りの効かない踊りといわれている。



歌と音楽に向き合う瞬間、

そこには絶えず真実が求められる。


だから箆津さんはいつも真剣だ。

こころはフラメンコで勝負しておられるのだ。



その<自分>の細胞を<役>にするわけだから、

深い経験につながっているにちがいない。



例えば、からだで表現することには慣れているが、

心に届くセリフというのが、なかなかに難しい。

単なる言い回しの違いではない。

息の通りみち、育て方に敏感になって、

五感、六感、からだに戻っていく。



結果、ミュージカルの稽古に励みながら、

またひとつ、めざすフラメンコの姿が見えてきたそうだ。


箆津さんのフラメンコが変わる。

指導方法に新境地が・・・・

そんな予感が、楽しい。



もともと、箆津さんはサラリーマン。

早稲田大学を卒業して海外で働く、外資系の証券マンだった。


両親も周囲も、そのまま安定した生活___と思いきや、

27歳のとき、すべてを捨ててフラメンコの世界へ。

当時すでに結婚されていたというから、天晴れなパートナーである。



いつでも自分をゼロにして、

無から始めることに躊躇がない。

そんな人である。

だから、無限にむかっていける。



人生は積み重ねというが、ホントだろうか。



積み減らしたり、壊したりするときの方がパワーが生まれる気がする。

わたしは、そうだった。


感動を与えてくれるものは、

完結をめざす物語よりも

ひろがる兆しが感じられる瞬間にあった


安易な完結は、逃げの進路なのかもしれない。



わたしが箆津さんに惹かれるのは


過去の業績をぶっ壊せるひとだから

名声とお金に縛られないひとだから





引き出しを整理していたら、

箆津さんと一緒に飲んだ時の写真が出て来た。



背中に触らせていただいた時の不埒な写真だ。

舞台でソレアを観た時、その後ろ姿に感動してしまったのだ。


以来、箆津さんの行動と言葉を追っかけている。



フラメンコは遠景になったけれど、

からだの芯でずっと、<フラメンコの何か>を探っている。


箆津さんが昇っていく山からの木霊・・・・・

つい耳をすまして、気持ちがそよぐ。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
一つの道を究めたいと思う人は
無限の世界に挑むのですね
感受性、表現
私には届かない自由が羨ましい
桂川の乙女
2014/05/05 10:23
桂川の乙女さん

今、熊谷守一評伝「無欲越え」を読んでます。
幼くして根底にあった「オレはオレ」・・・そこに触れたくて。
>羨ましい
そんな乙女さんにこそ、同じにおいがする水脈を感じます。
七海
2014/05/06 08:42
自分が積み重ねてきたものを壊す。
そしてまた新たなものを積み上げる。
それはたぶん、「リセット」ではなくて、
「コンティニュー」なのでしょうね。
積み上げ過ぎて、ぐらついて壊れくらいなら
自ら積み直す方が。。
「転石苔を生ぜず」ということわざを思い出しました。
とうい
2014/05/19 00:59
とういさん

>「転石苔を生ぜず」
確かにそうですね。
澱みや錆びつきとは無縁の流動が不可欠なのでしょうね。
決してリセットではない、同感です。

もうひとつ、<反省>ってやつも曲者ですね。
謙虚に見えて自分でご破算したがってるだけだもの。
と書きつつ、み〜〜んな自分にはね返ってきそうですが(苦笑)
七海
2014/05/19 20:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ミュージカル「MOMО」と箆津弘順 どれみふぁ/○○/からの詩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる